○与那国町立児童生徒交流施設設置条例

平成9年3月24日

条例第4号

(設置)

第1条 地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第30条及び地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条第1項の規定に基づき、町内各地域間の児童、生徒及び自然、社会環境の異なる都市地区の児童、生徒が交流をとおして、相互理解を深め、地域の文化、豊かな自然等の「生きた教材」を活用して、心豊かなたくましい児童、生徒の育成に資するとともに、地域の生涯学習、文化活動や交流を推進し、地域の活性化を図るため与那国町立児童生徒交流施設(以下「交流センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 交流センターの名称及び位置は次のとおりとする。

名称

位置

与那国町立交流センター

与那国町字与那国2114番地

(業務)

第3条 交流センターは、次の掲げる業務を行う。

(1) 集団宿泊学習に関すること。

(2) 野外観察、自然探究、その他自然に親しませる学習活動に関すること。

(3) 体育、レクリエーション及び野外活動に関すること。

(4) 前各号に掲げるもののほか、交流センターの目的を達成するために必要な事業に関すること。

(職員)

第4条 交流センターに、次の範囲内で職員を置く。ただし、所長は当該所在地の小学校長に兼務させることができる。

所長 1名

専門職員 1名

事務職員 1名

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関して必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

与那国町立児童生徒交流施設設置条例

平成9年3月24日 条例第4号

(平成9年4月1日施行)

体系情報
第11編 育/第4章 社会教育
沿革情報
平成9年3月24日 条例第4号