○与那国町消防団員の服制に関する規則

昭和47年5月15日

規則第19号

消防組織法(昭和22年法律第226号)第15条の6第2項の規定により、町消防団員の服制を別表のとおり定める。

附 則

この規則は、昭和47年5月15日から施行する。

附 則(令和2年9月14日規則第18号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表

消防団員服制

品種

区分

摘要

地質

黒又は濃紺の絨

徽章

金色金属製消防団徽章をモール製金色桜で抱擁する。

地台は地質に同じ。

形状寸法図のとおり。

製式

円形とし、黒革製前庇及び黒革製あご紐をつける。あごひもの両端は、帽の両側において消防団徽章をつけた径12ミリメートルの金色ボタン各1個でとめる。夏は白の覆をつけることができる。帽の周囲には、幅30ミリメートルの黒色斜子縁をつける。ただし、副分団長以上の場合には、平しま織金線をつけることができる。

形状寸法図のとおり。

略帽

地質

黒又は濃紺の絨若しくは綿布

徽章

金色金属消防団徽章とする。

地台は地質に同じ。

形状寸法図のとおり。

製式

地質と同じもので作った前庇及び幅1ミリメートルの赤線を上下につけたあご紐をつける。あご紐の両端は、帽の両側において消防団徽章をつけた径12ミリメートルの金色ボタン各1個でとめる。

形状寸法図のとおり。

甲種

地質

黒又は濃紺の絨

製式

開襟式

前面

ボタンは径20ミリメートルの金色消防団徽章1列4個とする。ポケットは内ポケットとし、左胸部及び下部左右に各1箇をつけ、下部の左右のものには蓋をつける。

形状図のとおり。

袖章

黒色しま織線を表半面にまとう。

形状寸法図のとおり。

乙種

地質

黒又は紺の木綿

製式

はっぴ式とし、寸法概ね次のとおり。

丈 約850ミリメートル

肩幅 約290ミリメートル

行 約600ミリメートル

後幅 約273ミリメートル

袖丈 約390ミリメートル

前幅 約200ミリメートル

袖口 約360ミリメートル

襟幅 約60ミリメートル

腰の周囲には、約45ミリ幅の白色平線2条を染出す。

白色平線の間隔は約30ミリメートルとする。

形状図のとおり。

背章

径約300ミリメートル幅15ミリメートルの白色円形線を染出し、その中央に白字の楷書で消防団名を染出す。

形状図のとおり。

幅40ミリメートルの革帯又は衣と同地質のもので取りはずしのできるものとし、帯前金具をつける。

形状寸法図のとおり。

えり章

甲種衣又は盛夏上衣は、左えりに消防団名、右えりに職名をぬいとり又は打出し金具により表わす。

乙種衣は、左えりに消防団名、右えりに職名を白字のかい書で染め出す。乙種衣えり章の形状図のとおり。

ズボン

地質

衣に同じ。

製式

長ズボンとし、両腿部及び右後腰部に各1箇ポケットをつける。

形状図のとおり。

盛夏上衣

地質

灰色又は茶褐色の布

製式

開襟(小開き式)

前面

ボタンは、径15ミリメートルの金色消防団徽章1列4箇とする。胸部左右に蓋のあるポケット各1箇をつけ、蓋は、径15ミリメートルの金色消防団徽章のボタンでとめる。

形状図のとおり

長袖カフスつきボタンどめとする。ボタンは、径15ミリメートルの金色消防団徽章とする。

盛夏ズボン

地質

盛夏上衣に同じ。

製式

長ズボンとし、両腿部及び右後腰部に各1個のポケットをつける。

形状図のとおり。

地質

黒色又は赤色革

製式

短長適宜

階級章

階級

甲種

乙種

団長

長さ45ミリメートル、幅30ミリメートルの黒色の台地の中央に幅9ミリメートルの金色平織線2条及び径12ミリメートルの金色消防団員徽章3箇をつけ、甲種衣又は盛夏上衣の右胸部につける。

肩上を中心として前後にまたぎ、首部背縫から両袖の端に至るまで幅約84ミリメートルの赤色平線1条を更に下方へ幅24ミリメートルの赤色平線2条を後に染出す。赤色平線の両辺は、すべて3ミリメートル幅の白色平線を染出す。白色平線の間幅は約15ミリメートルとする。

副団長

金色消防団徽章をつける。

他は上に同じ。

上に同じ。

分団長

幅6ミリメートル金色平織線2条及び径12ミリメートルの金色消防団徽章3箇をつける。他は上に同じ。

肩上を中心として前後にまたぎ、首部背縫から両袖の端に至るまで幅約84ミリメートルの赤色平線1条を更に下方へ幅24ミリメートルの赤色平線1条を染出す。赤色平線の両辺は、3ミリメートル幅の白色平線を染出す。

副分団長

金色消防団徽章2箇をつける。他は上に同じ。

上に同じ。

部長

金色消防団徽章1箇をつける。他は上に同じ。

上に同じ。

課長補佐

幅3ミリメートルの金色平織線2条及び径12ミリメートルの金色消防団徽章3箇をつける。他は上に同じ。

上に同じ。

団員

金色消防団徽章2箇をつける。

他は上に同じ。

肩上を中心として前後にまたぎ、首部背縫から両袖の端に至るまで幅約84ミリメートルの赤色平線1条を染め出す。赤色平線の両辺は、3ミリメートル幅の白色平線を染出す。


形状寸法図のとおり。

外套

地質

黒又は濃紺の紐

製式

開襟式

ポケット

左右胸部に各1箇をつける。

胸部

両前とし、ボタンは径23ミリメートルの金色消防団徽章各3箇を2行につける。

頭巾

適宜つけることができる。

背帯

幅50ミリメートルの背帯をつける。

袖章

甲種衣袖章に同じ。

階級章

甲種衣と同じ階級章を右胸部につけることができる。

形状図のとおり。

消防団員手帳

製式

表紙は、鉄紺色の革製又はこれに類するもの。中央上部に消防団章を、その下に「消防団員手帳」の文字、その左側に消防団名を、それぞれ金色で表示し、背部に鉛筆差しを設け、その下端に長さ45センチメートルの黒色のひもをつけ、表紙内側には、名刺入れをつける。

用紙は、恒久用紙と記載用紙とに分け、いずれも差換え式とし、その枚数は、恒久用紙16枚(身分関係1枚、異動賞罰関係3枚、教養訓練関係6枚、火災その他出動関係6枚)、記載用紙80枚とする。

形状寸法図のとおり。

備考

1 本表中絨を用いるものについては、同色の絹、木綿、麻その他これに類似するものをもって代えることができる。

2 本表中黒又は濃紺とあるのは、茶褐色をもってこれに代えることができる。

3 本表中金色金属を用いるものについては、同色の類似品をもってこれに代えることができる。

4 数字は寸法を示し、単位はミリメートルとする。

形状寸法図

あごひも留めボタン

画像

画像

き章

周章

画像

団長、副団長

画像

略帽

分団長、副団長

画像

画像

部長、班長、団員

画像

あご紐

画像

き章

あごひも留めボタン

帯前金具

画像

画像

画像

甲種衣

前面

後面

画像

画像

ボタン

ズボン

画像

画像

盛夏衣

上衣前面

上衣後面

画像

画像

ボタン

ズボン

画像

画像

乙種衣


階級章

団長

副団長

画像

画像

分団長

副分団長

部長

班長

画像

その他の団員

画像

外套の頭布

画像

画像

階級章

副分団長

団長

画像

画像

団員

副団長

画像

画像


分団長

画像

外套

画像

画像

袖章

画像

部長、班長

画像

団長、副団長

画像

団員

画像

分団長、副分団長

(単位はミリメートルとする。)


消防手帳

表紙

恒久用紙

画像

画像

画像

画像

与那国町消防団員の服制に関する規則

昭和47年5月15日 規則第19号

(令和2年9月14日施行)

体系情報
第10編 防災・消防/第3章 消防団
沿革情報
昭和47年5月15日 規則第19号
令和2年9月14日 規則第18号