国民健康保険税の減免制度(新型コロナウイルス感染症の影響により納税が難しい方向け)

公開日 2020/05/27

新型コロナウイルス感染症の影響で、収入が減少した世帯は、申請により国民健康保険税(以下「国保税等」)が減額または免除される場合があります。

申請期間、提出書類などについては、随時公表します。

減額・免除の対象となる世帯

1.新型コロナウイルス感染症の影響により、生計を主として維持する者が死亡し、または重篤な傷病を負った世帯

2.主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入(以下「事業収入等」)の減少が見込まれる世帯で、以下の①~③のすべてに当てはまるもの

 ①.新型コロナウイルス感染症の影響により、生計を主として維持する者の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補てんされるべき金額を控除した額)が前年の10分の3以上である。

 ②.主として生計を維持する者の前年の合計所得額が1,000万円以下である。

 ③.減少することが見込まれる世帯の生計を主として維持する者の事業収入等以外の前年の所得の合計額が400万円以下である。

 

減額・免除される額

全額免除から2割減額まで(変更がある場合は随時更新します。)

減額・免除される国保税等

令和元年度分及び令和2年度の分の国保税等で、令和2年2月1日から令和3年3月31日までの間に普通徴収(特別徴収(年金天引き)の場合は、対象年金の支払日)の納期限が設定されているもの。

申請期間

令和2年7月中旬(予定) ※7月上旬発送の納税通知書を確認後、申請をお願いします。

提出書類

令和2年1月以降の収入がわかるもの ※その他必要書類は随時公表します。

令和元年度、令和2年度の申告がまだの方はお早目にお済ませください。

担当課

長寿福祉課
TEL:0980-87-3575